決勝進出チームの発表

先日第16回横浜国立大学ビジネスプランコンテスト(YBC)の予選が行われました。

予選を勝ち残った決勝進出チームとプラン概要を発表いたします。

・チーム青田
「ゴミストレスフリーの世界へ」というテーマのもとワンコインで捨てるゴミ箱「コインゴ」。観光地で食べ歩きした際にゴミを捨てられない煩わしさに着目。

・LACCI
ラッシー専門店がプロデュースした「カレーを作らないカレー屋さん」を提案。
すでに自身で経営している日本初のラッシー専門店でのノウハウを活かし、10,000通りのオリジナルカレーを売り出す。

・ディアベリ―
車との交通事故や駆除で死んでいくことの多い鹿の命を無駄にしない、「鹿肉ペットフード専門」のビジネスプラン。

・サード
フードロス解決のため、レストランで余った料理を利用者に提供するというビジネスプラン。

・大久保・明事チーム
「買い物がやってくる世界の実現」という目標に向け、横浜市内をターゲットに絞った、スマートフォンアプリを用いた買い物代行サービスを実現。

・チーム電情
マイボトルに直接注げるプロテイン自動販売機をフィットネスクラブやオンラインで販売するビジネスプラン。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。