古俣大介さんにインタビュー

ピスクタ株式会社代表取締役社長、古俣大介様にお話を伺いました。

Q1どのような起業家やスタートアップ事業に投資または支援したいと考えますか。
A
支援したいと思う唯一の条件と事業が成功する見込みどころは、本当に彼・彼女は執念を持って事業をやり続けることができるかどうかということです。それができれば事業は一定のレベルまでは必ず成功できると考えています。実際、過去に支援し成功してきた人を見ているとインプットとアウトプット、知識と行動のサイクルを続けられる人は、多少のハードルや困難があっても事業をやり続け成功しています。

Q2インターネット事業を立案し展開する上で大切なことはなんだと思われますか。
A
事業を立ち上げるにはいくつかのポイントがあって、その1つは事業のポジショニング。自分たちはどんなお客さんにどんな価値をどんな特徴をもって提供するのか。もう1つはやはりタイミング。今この事業がその時代に合っているのか、今の社会にマッチした価値を提供できるのか、時代の後押しがあるのか無いのか、そういったところがすごく大事になってくると思います。

Q3今のコロナ禍の時代においてどのような学生が求められていると考えられますか。またその上で古俣様はどのような学生と仕事をしたいと考えられていますか。
A
コロナ禍なのでオンライン・オフライン両方を駆使して、自分の進路や人生を情報収集し体験し上手く考える、オンライン・オフラインについてちゃんと勉強して習熟しながら活発に活動する学生が今後成長していけるんじゃないでしょうか。
それを踏まえると、日本の大多数の学生は就活において1括採用のレールに乗っていたり日本人特有の他の人と違うことをするのが苦手で同調したがる特性をもっていたりしますが、時代の変化を捉えてそのレールから外れることを自分で考えて、行動し成長していける学生と一緒に働きたいです。

Q4ビジネスを考える上で困難にぶつかったときにどのように乗り越えていけばよいと考えておられますか。
A
まず困難にぶつかっても乗り越えていけるという思いを持てる事業を選ぶべきだと思っています。また大学生という立場を活かして周りを巻き込んだり同志を増やしていくと、困難な時や辛い時でも相談したり励ましあったり愚痴を言いあうことで困難をうまく乗り越えていけると思います。

(インタビュアー:中野桜)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です